MENU

ビタミンK,クリーム,効果,おすすめ

ビタミンK,クリーム,効果,おすすめ

赤ら顔、クマにビタミンKクリームが効くのはなぜ?仕組みと効果的な使い方を徹底解説

気温の変化や体調の変化で頬が赤くなりやすかったり、
クマがでやすいという悩みを抱えている方は多いですよね。

 

化粧で隠すにしても限界があるため、ケア用品でなんとか改善したい!
赤ら顔やクマは、肌のすぐ下の血行の良し悪しが関係しています。

 

そして、血行を改善するためにはビタミンKクリームが効くと言われています。
ビタミンKに含まれる成分とは?
効果的な使い方や、副作用の有無など、悩み解決の為に必要な情報をまとめて解説します。

 

 

ビタミンKとは?

ビタミンKは脂溶性ビタミンと言って、油と一緒に摂取すると吸収されやすいビタミンの1つです。
食べ物であれば納豆やパセリに多く含まれていて、出血時に血液を凝固させ止血する働きと、血液の凝固を抑制する働き、相反する2つの働きをするビタミンです。

 

おすすめクリームはSKIN&LAB(スキンアンドラブ)


美容大国である韓国で開発されたSKIN&LAB(スキンアンドラブ)は皮膚科専門医が開発したスキンケアクリームです。ビタミン、ミネラル、自然成分の三要素が効果的に配合されていて高い効果が得られるクリームです。悩みに合わせてクリームを選んだり、組み合わせて使うことができるのでより効果を高めることもできます。

 

ビタミンK,クリーム,効果,おすすめ

ビタミンK,クリーム,効果,おすすめ

 

ビタミンKの効果効能とは

ビタミンKには血行促進と血行抑制の相反する2つの働きがあります。
血行が悪いところには血行促進を、血行が良すぎるところには血行抑制を、状態に合わせて働いてくれます。
また、肌内部の毛細血管と静脈の組織を堅くする働きもあります。
ビタミンKとミネラルは活性酸素から体を守る働きに最も有効な成分であることが立証されているため、肌トラブルの改善、肌を健康に保つのにとても効果的です。
ビタミンなら、サプリを飲めばいいのでは? と思うかもしれませんが、実は肌まで到達できるビタミンはごくわずか。
肌には直接塗布が最も効果的なのです。

 

ビタミンK,クリーム,効果,おすすめ

ビタミンK,クリーム,効果,おすすめ

ビタミンKクリームを使うなら市販のクリームよりもドクターズコスメがおすすめ

ビタミンKは最近とても注目されているため、様々な商品が登場しています。
ですが、市販品のクリームと皮膚科専門医が監修しているドクターズコスメでは効果に大きく差があるため、ドクターズコスメを使用することをおすすめします。

 

市販品とドクターズコスメの違い

ドクターズコスメは、皮膚科専門医による多くの臨床実験を経て商品化されているため
肌に優しく、安心して使用できます。
市販品は強い成分が含まれていることもあり、肌の弱い人は肌荒れする危険性もあります。
何度も何度も臨床実験を重ねている、ということがドクターズコスメの安心の証なのです。

 

海外製品でも安心して使える?

海外の化粧品というとそれだけで不安に思う方もいらっしゃいますが、
海外の化粧品を日本国内で販売するためには日本貿易振興機構(ジェトロ)による厳しい規制をクリアする必要があるのです。化粧品は「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」(医薬品医療機器等法)の規制を受け、成分や効果の表示に虚偽、過大な広告文がないかどうかも厳しくチェックされています。
肌に直接触れるものなので、包装についても厳しくチェックされています。それらを全てクリアした上で販売されているものなので、安心して使ってみてください。

 

自分の肌に合わせて組み合わせることで効果倍増


SKIN&LAB(スキンアンドラブ)は、少しずつ成分の違う5種類のビタミンクリームを取り扱っています。
肌の悩みは人それぞれ、全く同じ商品で解決するとは限りません。
自分の肌に合わせて使い分けることで、より効果を得ることができます。

 

ビタミンK,クリーム,効果,おすすめ

ビタミンK,クリーム,効果,おすすめ

 

赤ら顔にビタミンKクリームは効果的?

ちょっとした温度変化で顔が赤らんでしまう、お酒を飲んでいないのに「酔ってるの?」と聞かれる…そんな赤ら顔のお悩みにも、ビタミンKクリームが使えるんです!

 

赤ら顔になってしまう原因とは

赤ら顔になってしまう人は、元々皮膚が薄くて血管がすけやすいという特徴があります。
体が温まった時に毛細血管が拡張することがあるのですが、それが皮膚に透けて見えてしまうため、顔が赤くなって見えます。
他にも、ニキビや皮脂による炎症、アルコールや香辛料を取りすぎて赤みが出ることがあります。
元々の体質であったり、日々のケアが間違っていたりすると中々改善されず、辛い思いをすることもあります。
他にも、肥満や糖尿病が原因となることもあります。全てにおいて、血管に問題を抱えていると言えます。

 

赤ら顔にビタミンKのこの成分が効く!

ビタミンKには血行を促進してくれる働きがあるため、
毛細血管に血栓が詰まってうっ血し、赤身がでているタイプの赤ら顔には効果てきめんです。
血管内部で詰まっている栓を取り除きながら血液をサラサラな状態に導いてくれます。
血行がよくなると、血管が広がることなく血が流れていきますので、顔の赤みが和らぐという仕組みです。

 

赤ら顔を治すまでにかかった期間

血流が悪く、うっ血して赤ら顔になってしまっている人であれば、塗ったその時から効果を実感できます。
続ければ少しずつマシになっていくはずです。
クリームを塗ったのに効果がない、むしろ悪化したという場合には、別の原因によって赤ら顔になってしまっている可能性が高いです。
そもそもクリームが肌に合わず、ニキビなどの炎症を引き起こすことで赤みがかってしまっていたり、皮膚が薄くて血管がすけてしまっていることが考えられます。
この場合は、ビタミンKクリームではなクマた別の対応方法が必要になります。

 

敏感肌でも大丈夫?

ビタミンKそものもはお肌にとって有効な成分なので、敏感肌の方でも問題なく使用できます。
ただ、クリームにはビタミンK以外にも様々な成分が含まれているものです。
成分の強い市販品ではなく、敏感肌の方向けのもの、専門医が監修しているドクターズコスメなど、肌に優しい成分で作られているものを選ぶようにしましょう。

 

ビタミンK,クリーム,効果,おすすめ

ビタミンK,クリーム,効果,おすすめ

クマにもビタミンKクリームが効くって本当?

ビタミンKクリームは、赤ら顔だけではなくクマにも効果的です。
化粧品で一生懸命隠そうとしても、どうしても違和感を与えてしまうクマ。あると気分も下がってしまいますよね。
そんなクマにも、ビタミンKクリームを使ってみましょう。

 

クマには3種類あるって知ってた?

クマは、発生の仕方によって3つの種類に分けられます。

  • 青クマ
  • 茶クマ
  • 黒クマ

青クマは寝不足やストレス、冷えなどの血行不良が原因となって毛細血管がうっ血を起こし、青黒くなってクマとして現れるものです。
疲れがたまるとクマができる、という方はこのタイプが多いでしょう。ビタミンKクリームで血行をよくすることで改善します。

 

茶クマは、しみなどと同じ原理で発生します。皮膚が色素沈着してしまっている状態で、主な原因は紫外線や目元のこすりすぎです。
目の周りの皮膚はとても薄くてデリケートなので、触ってしまうクセがある方は要注意です。この方は、美白クリームでケアするのがよいです。

 

黒クマは皮膚がたるんでおちくぼみ、影になってしまうことでできます。
元々目の周りに脂肪が少ない人が、加齢と共に目元がくぼんでしまうことで起こります。
メイクで隠すと厚化粧になってしまうので、ヒアルロン酸注射などで対策することになります。

 

クマにはビタミンKのこの成分が効く!

青クマは、血行不良を起こして毛細血管がうっ血することで起こります。
ビタミンKクリームを使用すると、周辺の血行を改善してくれるのでこの青クマを薄くすることができます。
また、ビタミンKには色素沈着を防ぐ働きがあるため茶クマにも効果を発揮します。

 

クマを治すまでにかかった期間

クマは日々の生活から引き起こされるものなので、治るまでには少し時間がかかります。
クリームを毎日使って1ヶ月ほどで、効果を実感する人が多いです。

 

敏感肌でも大丈夫?

目の周りの皮膚は特に薄くてデリケートであるため、敏感肌の方はパッチテストをしてから使用するようにしましょう。
心配なのであれば、少量ずつ使用し、何か違和感がないか確かめながら使用することが大切です。
ビタミンKは基本的には肌によいものなのですが、それ以外の成分が目元には強すぎる場合があります。
なるべく低刺激性のクリームを選ぶようにしましょう。

 

ビタミンK,クリーム,効果,おすすめ

ビタミンK,クリーム,効果,おすすめ

 

ビタミンKクリームはアザ消しにも役立つ?

ビタミンKが血行促進に効果的であることはこれまでお伝えしてきたとおりですが、アザ消しにも効果があるのだそうです。
年齢を重ねると消えにくくなるアザ、少しでも薄くなるとうれしいですね。

 

アザができるのはなぜ?

アザは、体をぶつけたり何らかの影響を受けることによって皮膚の下で出血してしまい、できるものです。内出血とも呼ばれています。ビタミンKには血行促進だけではなく、血液を凝固させる働きもありますので、皮膚の下の出血を止めて治癒に向かわせることができます。また、血液が固まった後には血流を良くしてあげることが大切なので、その両方にビタミンKクリームが効きます。

 

ボトックス注射の後にも使える!

ボトックス注射をすると小さいアザができてしまうことがありますが
そんな時にもビタミンKクリームが効果的です。
血液の凝固を促進し、治りを早めてくれます。

 

アザを治すまでにかかった期間

アザは治るまでに2〜4週間ほどかかります。
ビタミンKクリームで多少は早まるかもしれませんが、すぐには消えません。
もし気になるようであれば無理に触らず、リキッドファンデーションで隠すことをおすすめします。

 

敏感肌でも大丈夫?

敏感肌の方は、元々肌も薄くアザができると色が濃く出てしまうこともあります。
クリームで治癒をサポートしてあげるのはよいことですが、不用意に触って余計に傷を付けてしまったりしないように十分注意してください。

 

ビタミンKクリームの効果的な使用方法

 

せっかく使うのであれば、最大限効果的に使いたいですよね。使用の際のポイントをお伝えします。

 

塗るタイミングはいつが最適?

ビタミンKクリームは、化粧を落とし、化粧水で水分補給をした後に塗るようにしましょう。保湿効果も高いので乾燥が気になるところには少し厚めに塗ることをおすすめします。入浴後の血行が良くなっているタイミングや、細胞の修復が行われる就寝前がより効果的です。

 

血行を良くするマッサージで効果UP!

クリームを塗るついでに、血行を良くするマッサージで効果アップを狙いましょう! 
マッサージは、クリームをつけて滑りがよくなった状態で行いましょう。こすりすぎは皮膚にダメージを与えます。顔の皮膚は薄いので、なでるようにマッサージするだけでも十分効果的です!

  • 1.親指の付け根で頬骨の下から両耳にかけて、顔の筋肉を上に持ち上げるようにマッサージします。
  • 2.親指の付け根で顎の下から両耳にかけて、ぐっと力を入れて老廃物を流すように押します。
  • 3.両手の中指で、目頭から小鼻の横までツボを押すようにマッサージします。
  • 4.手をグーにして髪の毛の生え際を押していきます。
  • 5.おでこの中心から髪の毛の生え際までを、グーで押していきます。
  • 6.最後に、指先で軽く頭全体をタッピングしていきます。

 

ビタミンKクリームによる副作用の心配は?

元々体に良い成分なので、ビタミンK自体に副作用はありません。
ただ、クリームにはそれ以外の成分も含まれているため、人によっては肌に合わないこともあります。
使用する前には、耳の後ろで刺激反応をテスト行うようにしましょう。

 

保管の注意点

なめらかなクリームなので、夏場、高温な場所に置きっぱなしにしているとクリームが溶けてしまうことがあります。
なるべく涼しい場所に保管し、直射日光のあたるところには置かなようにしましょう。

 

まとめ

顔は第一印象を大きく左右するパーツです。赤ら顔やクマが気になる人は、なんとかしたいと思いますよね。ビタミンKクリームはその悩みを解消することができるアイテムです。ポイントは、自分の肌にあった低刺激性、肌に優しいクリームを選ぶこと。専門医が監修しているドクターズコスメであれば安心です。効果的な使い方と、血行をよくするマッサージをぜひ試してみてください。

ビタミンK,クリーム,効果,おすすめ

ビタミンK,クリーム,効果,おすすめ
更新履歴